ありそうでなかった!
繰り返し使える不織布シールド
”マスクチェンジャー”

日本経済新聞と建設通信新聞に
掲載されました!!

当オンラインショップにて販売中



不織布シールド”マスクチェンジャー”
市販の不織布マスク1枚で4種類の使い方に変化
①通常モード(普通のマスク)
②オープンエアーモード(下が空いてるだけで、見た目ではわからない)
③フェイスシールドモード(下が開放されている)
④マウスシールドモード(上が開放されている、マスク飲食を楽に!)

通常モード(密着型)
普通のマスク
ゴム紐位置 四隅
形状記憶ワイヤー位置 中央
普通のマスク(密着型)としての使用
オープンエアーモード
ゴム紐位置 四隅
形状記憶ワイヤー位置 下部で湾曲させて、すき間を作り、呼吸をしやすくできる。見た目も普通のマスクなので、誰もわからない
フェイスシールドモード
ゴム紐位置 上部に寄せる
形状記憶ワイヤー位置 下部
下部は開放されているので、呼吸がしやすい
マウスシールドモード

ゴム紐 下部に寄せる
形状記憶ワイヤー位置 下部

会食時にペラットめくって飲食ができ、マスク会食を簡単に!
上部は開放されているので、呼吸がしやすい
マウスシールドモード

ゴム紐 下部に寄せる
形状記憶ワイヤー位置 下部

会食時にペラットめくって飲食ができ、マスク会食を簡単に!
上部は開放されているので、呼吸がしやすい

不織布シールド
”マスクチェンジャー”使用事例

マスク飲食を楽に行える
マウスシールドモードは不織布をぺらっとめくって、戻せる
食事の介助にも

介護施設での食事の介助に!

ノーマスクでの食事介助の改善策に!
呼吸が楽なので、お年寄りにも着用してもらえる。

食事の介助にも

介護施設での食事の介助に!

ノーマスクでの食事介助の改善策に!
呼吸が楽なので、お年寄りにも着用してもらえる。

フェイスシールド・マウスシールドのような使い方
用途に合わせて簡単にチェンジ!

マスク飲食を楽に
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。
楽しくマスク飲食
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。
楽しくマスク飲食
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

使用する場面に応じて、マスクの形を変化させることが可能

満員電車や対面で話す場面では通常モード、一人で散歩やなどの場面ではオープンエアーモードで楽に呼吸をしても、鼻や口が露出しないのですれ違う人に違和感を与えることがない。
繰り返し使えて経済的
交換するのは市販の不織布のマスクのみ
ゴム紐は全部外れて洗える


ゴム紐の端に面ファスナー
(マジックテープ*1)のフックを両面に使用することで、移動が可能となり不織布製のカバーも付くので痛くありません

ゴム紐と形状記憶ワイヤーが簡単に移動するので、

いろんな形にチェンジできる

不織布マスクに長さ調整アジャスター付は珍しく、耳が痛くなりにくい

超薄型面ファスナーを使用

0.1mm以下の薄さ

メカニカルファスナー使用 超薄型の面ファスナー(3Mジャパン製)
よく使われている商品名”マジックテープ”*1の極薄品

 

細かな突起で不織布マスク
の糸をキャッチ
細かな突起で不織布マスク
の糸をキャッチ

不織布1枚で4通りの使い方

普通のマスク
通常モード(密着型)

ゴム紐は四隅

形状記憶ワイヤーを下から3cmに移動

湾曲させない

下が空いてる
オープンエアーモード

ゴム紐は四隅

形状記憶ワイヤーを下から3cmに移動

湾曲させる

下が開放されている
フェイスシールドモード

ゴム紐は上に寄せる

形状記憶ワイヤーを下に移動。
上が開放されている
マウスシールドモード(会食)
ゴム紐は下に寄せる

形状記憶ワイヤーを下に移動。
上が開放されている
マウスシールドモード(会食)
ゴム紐は下に寄せる

形状記憶ワイヤーを下に移動。

Makuake(クラウドファンディング)
200%達成!の実績
55%女性が購入



化粧崩れしにくいことが評価された

日本財団に売上げの一部を寄付し医療従事者の方々へ感謝を形にして表すプロジェクト

化粧崩れしにくいことが評価された

日本財団に売上げの一部を寄付し医療従事者の方々へ感謝を形にして表すプロジェクト

日刊建設通信新聞社 2021年6月24日

日本経済新聞 2020年11月4日

共同開発・共同特許出願

福井工業大学教授  
大阪大学大学名誉教授
  宮本裕司 教授:写真左 

㈱適正地盤構造設計 代表取締役
大山雅充:写真右

畑違いのマスク開発の背景
コロナの報道の中で防護服を着て、マスクをして汗みどろになりながら患者に対応する医師や看護師たちの様子をテレビで見て建設現場で普及しているファンがついた空調服のようなマスクが作れないか」と思ったのがきっかけで、妻と娘が現役の看護師をしており、感染リスクなどについて豊富な知識を持っており、コロナの影響で二人とも残業が激増し、感染者を減らさないと医療従事者のみなさんがもたないと思っていたが、本業で関与している建設の現場では、冬でもマスクを着用しないで作業する人を多くみかけ、家族に相談しながら、熱中症と感染防止の両立ができるマスクができないかと、試行錯誤の末にたどりついたのが「マスクチェンジャー」だった。
宮本教授との出会い
一般的な木造住宅だけが構造計算されずに現在も建設されており、地震大国でこのままではいけないと思い、国の主催するAIビジネスプランコンテストで木造住宅の構造計算をAIで行うプランで優勝し、審査員に大阪大学の関係者が来られていたのがキッカケとなり、産学連携としてお会いさせて頂きました。2020年8月に「AI活用による木造構造計算と地盤改良の設計及び作図の自動化」が国土交通省の「住宅生産技術イノベーション促進事業」に採択され、共同提案したのが当時、大阪大学大学院の宮本教授でした、尊敬する宮本教授に相談しながら「マスクチェンジャー」は開発が進み、特許を宮本教授と共同で申請する運びとなりました。


特許保有
特許第6910615号
特許第6900020号


「ご注意」
本品は医療用ではございません。
*マスクチェンジャーの使用は感染(侵入)を完全に防ぐものではありません。
*有害な粉塵やガス等が発生する場所やそれを防ぐ目的でのご使用はお控えください。
*包装材特有のにおいがする事がございますが、品質や性能に問題ありません。
*肌の異常があった際には直ちに使用を中止してください。
*小さなお子様の手の届かない場所で保管をしてください。
*ご使用後はお住いの自治体の取り決めに基づいた廃棄処理をお願い致します。
*商品の仕様・パッケージデザイン等は予告なく変更することがあります。

お問い合わせ

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信